pop music fan

- I love popular music (blues funk soul R&B rock Jazz 歌謡曲・・・) -

【STAMP作詞!!】Can Nayika(ex.BNK48) × 高橋海(LUCKY TAPES) 「Line (ไลน์)」【日泰コラボレーション!】

 

 

日本の人気アイドルグループ乃木坂46は、タイの観光大使を務めています。冠バラエティー番組『乃木坂工事中』内の企画で、タイ人男性が選ぶ「彼女にしたいメンバー」ランキングで5位にランクしたのは、衛藤美彩さんでした。(1位は高山一実さん。)

 

衛藤美彩さんは、2019年3月末で乃木坂46を卒業されました。衛藤さんの卒業と同時に、西武ライオンズ源田壮亮選手は衛藤美彩さんに交際を申し込まれ、新年度から晴れて交際がスタートしたということですがみなさまいかがお過ごしでしょうか?

 

実は、衛藤美彩さんは、あいみょんやRE:NO(ex.Aldious)らと同じく浜省(浜田省吾)チルドレンなのです。

 

浜田省吾さんのMONEY お母さんが好きでアルバム持ってます!今回はモノマネ対決だったので ガチで好きな歌を歌わせていただきました。笑』

 

46時間テレビ | 乃木坂46 衛藤美彩 公式ブログ

 

 

そんなこんなで、タイの女性ポップス歌手Can Nayika(ex.BNK48)の新曲です。

 

作曲がCan Nayikaと高橋海さん(LUCKY TAPES)の共作。そして作詞が、なんとタイの人気シンガーソングライターSTAMP(Apiwat Ueathavornsuk)なのです。

 

日本のバンド、LUCKY TAPESについてです。

 

数年前、2015年から2016年頃でしょうか、アメリカ(一部イギリスも)のブラックミュージックと1970年~1990年代のティン・パン・アレー系、シティポップ、渋谷系等の邦楽を消化した新世代のバンドが注目を浴び出しました。

 

Suchmos(サチモス)、cero、Nulbarich(ナルバリッチ)、Awesome City Club(ACC)、Yogee New Waves等々。

 

当時から、ムーブメントの筆頭格として名前が挙がっていたバンドが、LUCKY TAPESです。

 

そして、タイのポップス/ロック(T-POP)のミュージシャン、アーティストには、日本の1970年代から1990年代(ティン・パン・アレー~シティポップ~渋谷系)の熱心なリスナーが多いのです。

 

そのような背景が影響しているのかもしれません。 タイのミュージックシーンでは、日本で2010年代後半に起こった、ティン・パン・アレー~シティポップ~渋谷系の流れをくむネオシティポップ、モダンシティポップの若いバンド、ミュージシャンへの関心も高いようです。

 

新世代のいわばモダンシティポップのバンドもタイでの公演を行い好評を博しています。

 

SuchmosもLUCKY TAPESもタイ・バンコクで公演を行っており、現地のSNS情報から好評だったことが伝わってきます。

 

 

『ああ、こんなにも自分たちの音楽を受け入れてくれる国が日本以外にもあったなんて、なんでもっと早く気付かなかったんだろうと後悔すら覚えた。』

 

(LUCKY TAPES 高橋海さんのnoteより)

note.mu

 

◆Can Nayika(ex.BNK48) × 高橋海(LUCKY TAPES)

www.instagram.com

www.instagram.com

◆STAMP(Apiwat Ueathavornsuk)× Kai Takahashi(LUCKY TAPES)

www.instagram.com

 

 

◆Can Nayika feat. Kai Takahashi (LUCKY TAPES)「Line (ไลน์)」 [Official MV]

Can Nayika feat. Kai Takahashi (LUCKY TAPES) - Line (ไลน์) [Official MV] - YouTube

 

◆LUCKY TAPES 「MOOD」 (Official Music Video)

LUCKY TAPES – MOOD (Official Music Video) - YouTube

 

◆STAMP「The Devil」 [Official Music Video]

STAMP - The Devil [Official Music Video] - YouTube

 

Awesome City Clubアウトサイダー

思いっきりクール&ザ・ギャングの大ディスコヒット曲「Fresh」のオマージュで愉しいですね。

Awesome City Club - アウトサイダー (Music Video) - YouTube

 

◆PAELLAS (パエリアズ) 「Weight」 [Official Music Video]

若手のブラックミュージックを消化した音楽を演るバンドが増えていますね。年齢は関係なく、体内時計(リズム感)がブラックミュージックが好きかどうかという気がします。

約半世紀前(1969年)、イギリスのブルース/ハードロックバンド、フリーがデビュ―したときも、平均年齢わずか19歳の若者たちなのに、R&Bとブルースベースの老成した音楽性で度肝を抜きました。

PAELLAS (パエリアズ) "Weight" [Official Music Video] - YouTube

 

◆yonawo 「矜羯羅がる(kongaragaru)」

このバンドはカッコいいですね。yonawoは以前のCDジャケの意匠がスティーリー・ダンの『Aja』(マイケル・マクドナルドが♪Peーっgッ♪♪ってコーラス入れているアルバム)のオマージュっぽっかたんでチェックしました。音楽性どんどん進化していってる感じですね。

yonawo 矜羯羅がる(kongaragaru) - YouTube

 

◆TENDRE「DOCUMENT」 (Official Music Video)

タイ・バンコク公演でLUCKY TAPESと対バンしたTENDRE。

オリジナルラブ田島貴男さん)が好きだった方も気に入るのではないでしょうか?

TENDRE - DOCUMENT (Official Music Video) - YouTube

 

◆SIRUP「LOOP」 (Official Music Video)

SIRUP - LOOP (Official Music Video) - YouTube

 

 

popmusic.hatenablog.com

popmusic.hatenablog.com

popmusic.hatenablog.com

popmusic.hatenablog.com

popmusic.hatenablog.com

popmusic.hatenablog.com

popmusic.hatenablog.com

popmusic.hatenablog.com

popmusic.hatenablog.com

popmusic.hatenablog.com

popmusic.hatenablog.com

popmusic.hatenablog.com

popmusic.hatenablog.com

 

f:id:pcd:20190412232312j:plain