pop music fan

- I love popular music (AOR blues CITY POP funk soul R&B rock Jazz 歌謡曲・・・) -

海外の反応

なぜブラジルで大人気?名古屋発ガールズバンド「リリー楽綺団」!

おおっ!HR/HM専門誌『BURRN!』の表紙にジミー・ペイジ!と思ったらグラハム・ボネットの近影でビックリした人はいらっしゃいますか? www.shinko-music.co.jp 昔、デイヴィッド・カヴァデールが髪をブロンドに染めてイメージチェンジしたら、ロバート・プラ…

おかえりなさい!米YouTuberのLivさん 久々にBAND-MAIDをリアクト

いわゆるMVに対するリアクション動画には全く関心がないのですが、一人だけ例外のリアクター/YouTuberがいます。 アメリカ人のLivさん。 www.instagram.com LivさんはK-Popの熱心なファン。最近は日本のロックやラウド系アイドルにもウィングを広げてきまし…

アジア発シティポップブームと海外AKB48の2年連続「NHK紅白」出場理由をMisato Ono(ex.BRIDEAR)のKIRINJI「killer tune kills me feat. YonYon」RT!から振り返る

Misato Onoさんは、シンガーソングライター、ギタリスト、音楽プロデューサー。元ガールズヘヴィメタル(嬢メタル)バンドBRIDEARのギタリストです。BRIDEAR時代の愛称はミサミサもしくはMISA。 Misato Onoさんは、英語力とBRIDEAR時代の欧州ツアーの経験を…

メタルなの?! BAND-MAID「輪廻」、廣瀬茜のドラムに国内外から反響

「スラッシュ」(THRASH)という単語は、音楽の歴史的には「パンク」(PUNK)を指します。 すなわち「スラッシュ」(THRASH)+ヘヴィメタル(HEAVYMETAL)=スラッシュメタル(THRASHMETAL)は、パンク・ハードコアとヘヴィメタルの要素が融合、統合された…

在米著名BABYMETALブロガーがBAND-MAIDのNYお給仕にご帰宅、その結果は? 牡丹峰電子楽団(旧モランボン楽団)に衝撃を受ける!

米・NY在住のBABYMETAL著名ブロガーの高見鈴虫さんが、2019年9月26日のBAND-MAID激動ワールドツアー初日『Gramercy Theater』でのお給仕にご帰宅されました! さて、その結果は如何に? 結論は、その眼鏡に合わず、酷評となっています。 評価に対してそれ以…

BAND-MAID 米NY公演で新インスト曲を披露!Thin Lizzyをてがけたトニー・ヴィスコンティもご帰宅!

2019年9月26日、アメリカ・ニューヨーク『Gramercy Theater』にて、「BAND-MAID WORLD DOMINATION TOUR 2019【激動】~gekidou~」と銘打ったワールドツアーの米国編初回のお給仕(ライブ)が行われました。 このお給仕は、アニソン、ゲーム、CMソング、J-PO…

BAND-MAIDワールドツアーNY公演をあの有名アニメ・ゲーム・CM・J-POP作曲家が激賞!!

ガチムチの白人おっさんたちが「モエモエキュンキューン」って叫んでた(笑) 圧倒的であった。 【引用元】米NY在住の作曲家、シンガーソングライター、ピアニストのしほりさんのTwitter(日本語版アカウント)より。 2019年6月22日のイギリス・ロンドン公演…

【Squeeze】在米著名BABYMETALブロガーがBAND-MAIDのNY公演観戦を予告!【Transit My Youth】

『BASEMENT-TIMES(ベースメントタイムズ、地下室タイムズ)、更新』というキーワードが気になる方であれば、2019年、セプテンバーといえばアース・ウィンド・アンド・ファイアーか、太田裕美さんか、やはり64歳にしてチャート総合1位の竹内まりやさんでしょ…

【アジア・アイドル情勢】TIF2019,日本版TWICE(Nizi Project),シティポップ,日韓泰育成システム等重要文相次ぐ【J-POP,K-POP,タイポップ】

1.タイ・バンコクに移住し日本型アイドル活動に打ち込む女性アイドル 2.TIF(『TOKYO IDOL FESTIVAL』)2018・2019の定点分析より 【TIF2018定点分析からのポイント】 (参考)海外で人気のガールズハードロックバンドBAND-MAIDのルーツはアイドル系マネ…

タイ・注目アイドルグループFEVER新曲「PASSWORD」のシティポップ路線はアジアの大富豪も庶民も抱く1980年代の豊かな日本への憧れ?

タイの新進アイドルグループの中でもFEVERに特に注目している理由は、その徹底した音楽重視、音楽性先行の制作姿勢にあります。 サブカル事業(アニメのローカライズ等)出身のエグゼクティヴ・プロデューサーは、新進アイドルグループFEVERを『インディーズ…

【BAND-MAID「DOMINATION」】 ビートルズ,クイーン,KISS,AC/DC,メタリカ版MONOPOLY 【トランプ:ザ・ゲーム】

2013年のインディーズデビューから6年目、今年、2015年のメジャーデビューから3年目となるBAND-MAID。 ガールズバンド戦国時代と呼ばれる日本の女性ロックバンドシーンの中でも3本の指で数えられるバンドといってよいと思います。 BAND-MAIDはかねてから海外…

BLACKPINK(ブラックピンク,ブルピン)のLisa(ลิซ่า,リサ)@Coachella(コーチェラ)をタイのメディアはどう伝えている?!

こんにちは、先週、『NGT48メンバー内部告発 “緊急学級会”で「ベテラン5人が自白」』の見出しに注目し『週刊文春』を手に取ったら、菅義偉内閣官房長官についての巻頭特集記事と連動した飯島勲内閣官房参与のコラムの菅政権待望(支持)論の方に目が行ってし…

コーチェラのBLACKPINK(ブラックピンク)バンド編成!、BLACK FOREST(タイのアイドル)初お目見え、変わらぬゴリゴリおじさんロックBlackfoot!

名前が黒(ブラック)ではじまる音楽グループというと、元祖ドゥーム・メタルのブラック・サバス(BLACK SABBATH)、ジミー・ペイジとも共演したクラシック・ロックのブラック・クロウズ(Black Crowes)、ビビアン・スー(徐若瑄)がメンバーだったブラック…

謎のバンドBAND-MAIKO(BAND-MAID公式ライバル)『カラオケでEvery Little Thingさんを歌うとモテる?!』(紅月さん)

以前、立ち寄り先近くに、大手カラオケチェーン店さんの店舗があったので、ランチタイムに寄らせてもらってたことがたびたびあります。 ランチメニューを食べると、歌う時間はほとんど残っていないので、コマーシャルのビデオクリップだけ見てたことがほとん…

【祇園町 "Gion-cho”】和楽器バンド、BAND-MAIKO (BAND-MAID)のルーツはHIROSHIMA?【ジュン・クラモトとスキヤキ】

2019年1月5日・6日の2Days、『さいたまスーパーアリーナ』で、『和楽器バンド 大新年会2019さいたまスーパーアリーナ2days 〜竜宮ノ扉〜』を開催し、3万人を動員した和楽器バンド。 和楽器バンドは、2016年武道館、2017年横浜アリーナでの新年会コンサートと…

なぜ、BAND-MAID(バンドメイド)は海外で最も支持されるガールズハードロックバンドになったのか?

1980年、竹内まりやさんが、FMラジオの番組(FM東京『パイオニア サウンド・アプローチ』)の企画で、セッションバンドを結成し、番組中でバンドの演奏が放送されました。 メンバーは、ドラムスが山下達郎さん、ギターは桑田佳祐さん(サザンオールスターズ…

【トム・ジョードって何のこと?】ドゥービー・ブラザーズのジョン・マクフィーが両親と自分の歴史として背景を熱弁する!【怒りの葡萄・ダスト・ボウル・バラッズ】

先日のブログで、アメリカのハードロックバンド、ヘッド・イーストについて触れています。 popmusic.hatenablog.com 個人的には、Guns N' Roses(ガンズ・アンド・ローゼズ)の名曲「November Rain」は、ヘッド・イーストのバラード「Dance Away Lover」の影…

【BABYMETALとBAND-MAID②】BAND-MAID = ドゥービー・ブラザーズ説は妙に納得できる。【考えるな、感じろ!?】

BAND-MAIDのメジャー3rdシングル「start over」(2018.7)を最初に聴いた時、正直驚きました。 「これって、黒人音楽(ブラック・ミュージック)じゃね?」 BAND-MAIDのファンは、演者・聴衆とも白人が占めるHR/HM(ハードロック・ヘヴィメタル)ファンから…

BABYMETALとBAND-MAID、西欧社会における差別と社会の分断線、日本発のガールズロックはなぜ受け入れられているか?等

ポピュラー音楽を語るとき、一つにはテクニカル(技術的側面)から語るアプローチがあります。 「何拍目にアクセントが来て・・・」、「コード進行が・・・で、スケールが・・・で」というように、楽理・譜面を元に解説する方法です。 もう一つ、社会的文脈…

BAND-MAID at サンフランシスコ、ロックンロールの瞬間を切り取った写真がいい!

They are a heavy metal rock and roll group from Tokyo. (彼女たちは、)トーキョーから来たヘヴィメタルなロックンロールバンド。 The Chapel, SAN FRANCISCO,US 10.11.2018 『The Bay Bridged』はサンフランシスコ・ベイエリアの非営利団体が運営する音…

BAND-MAID at アムステルダム、ZWAREMETALENの熱量を感じるライブレビュー(3本目)

“オランダ語圏最大のメタルメディア”という『ZWAREMETALEN』、イヴ・ペルグリムスさんによる3回目のBAND-MAIDライブレビューです。写真はアニックヴァン・マーレンさん。 ZWAREMETALENのイヴ・ペルグリムスさんは、2014年7月と2016年6月には、BABYMETALのケ…

日本のガールズバンドはアニメ、ゲームに次ぐ海外に通用するコンテンツになりつつある?BAND-MAID、BRIDEAR、LOVEBITES、MUTANT MONSTERが欧州ツアー中

2018年11月21日水曜日現在、日本のメンバー全員が女性のロックバンド(ガールズバンド)4組が、それぞれヨーロッパをツアー中です。BAND-MAID、BRIDEAR、LOVEBITES、MUTANT MONSTER(アルファベット順)の4バンドです。(BAND-MAIDはアメリカ西海岸から欧州…

タイ・人気過熱のアイドルグループBNK48の新CM衣装がBABYMETALに似ていると話題に?-これはオマージュ。広告制作の中の人が熱心なファン?

人気過熱するタイのアイドルグループBNK48。ファン(オタ)には、「大人げない」という指摘は年齢的に全く通用しない血気盛んなティーンも多く、一か月から一か月半に一度位のペースでネット発の大炎上が起きている感があります。 特に、先輩芸能人が、『風…

【海外の評判】BAND-MAIDワールドツアー報道(20161117)【墨、西、伊、仏その他】

11月12日(土)、渋谷CYCLONEでのBAND-MAID/AIR SWELLの2マンお給仕。 ライブのタイトルは、 Addictone presents 【What a Addict ? Vol.1】。 BAND-MAIDのリードギタリスト、遠乃歌波さんの使用するエレキギターは、本日のライブの主催者であるAddictone…

【リドのBAND-MAID】廣瀬茜さん(Dr)の写真が観光アンバサダー役に【海外の反応・イタリア・カマイオーレ】

11月5日(土)の香港「Animate Extravaganza 2016」でのライブまで、8か国9か所の規模のワールドツアーを行っていたロックバンド、BAND-MAID。 2014年から毎年世界ツアーを行い、世界的に高い人気を得ているBABYMETALに続いて、海外先行で高い人気を獲得しつ…

【まだ鮮やかな】SORAMIMI「君のせい」~ BAND-MAID海外(ヨーロッパ)続報【君との記憶】

盛大にメロディーが盛り上がる歌ものの音楽(J-POPや歌謡曲やロック)を指して「アニソンのような」という形容詞が使われるようになったのはいつごろからでしょうか? 「アニソンらしい」という形容詞の一つの起源は、この曲のヒットからではないかとも思え…

【鋼鉄寺院】BAND-MAID イギリスライブ、ギリシャ誌が画像に捉えたロックな瞬間【海外の反応・ロンドンUnderworld】

昨日の帰り、近所のやや年配の女性が、 「あそこに、顔の尖った猫が居た!」「尖った鼻でこっちを睨んだ!」 と訴えていて大騒ぎになっていました。 「・・・。たぶん、タヌキだと思います。」 えぇと、そういえば自分も、一カ月位前なんですけど、夜の10時…

BAND-MAID ワールドツアー前半戦 ~ケルン、ワルシャワ反響、ポーランド全国紙サイトが大きく報道~

BABYMETALのボーカリスト、SU-METAL(スーメタル)さんに、ソロでカバーしてほしい曲という問いかけを、ベテランのロックファンにすると、高い確率で返ってくる"ある曲"があります。 その曲とは、スコーピオンズの「荒城の月」(作曲:瀧廉太郎、編曲:スコー…

【ハードロックとカリスマ】BAND-MAID、バンドメイドはヨーロッパを完全に攻略する【カリナさんの予告】

現在の日本のポピュラーミュージックのアーティストの海外進出で、最も大きな規模で成功を収めているのはメタルダンスユニットのBABYMETALでしょう。その成功のプロセスには、いくつもの重要なポイントがありました。 2014年2月末にファーストアルバム「BABY…

BAND-MAID(バンドメイド)へのイギリス老舗へヴィメタルバンドからのエール - 『This band ROCKS!』 (このバンドはロックだ!)-

イギリスの老舗へヴィメタルバンド、DEALER のフロントマン、トレバー・ショートさん(ボーカル&ギター)が、BAND-MAID(バンドメイド)の海外で人気の高いハードロック曲『thrill(スリル)』の動画にエールのコメントを投稿されていました。 意訳すると、 …