pop music fan

- I love popular music (blues funk soul R&B rock Jazz 歌謡曲・・・) -

【Biggest Part Of Me】AORの雄だけど今一つ日本で知名度の高くないアンブロージア(AMBROSIA)【How Much I Feel】

 

 

NHKラジオ第一放送、朝の8時代『すっびん!セレクション』でアンブロージア(AMBROSIA)の「How Much I Feel」がかかりました。

 

趣味良いですね。日本のラジオ放送で、FM放送でさえ、アンブロージア(AMBROSIA)がかかることはまずないでしょう。

 

まぁ、関東地方でいえば、FM NACK5のノリは、トーク中心で1970年代1980年代の中波放送のノリに近いものでしょうし。

 

平井大さんのプレイリストにも入っているアンブロージア(AMBROSIA)。

 

つまり、プロや多少なりとも趣味的なAORファンには人気、知名度ともにあるバンドだと思いますが、一般の知名度は必ずしも高くないように感じます。

 

アメリカ、ロサンゼルスの元はプログレッシブ・ロックバンド、後期はAOR化したサウンドで人気を博しました。

 

AORの顔役、マイケル・マクドナルド(ex.スティーリー・ダン、ドゥービーブラザーズ)は、ケニー・ロギンス(ex.「クマのプーさん」なロギンス&メッシーナ)をパートナーにソングライティングし名曲を書いています。

 

マイケル・マクドナルドケニー・ロギンスの次にパートナーとしたのがアンブロージア(AMBROSIA)のギター・ボーカルのデヴィッド・パック。

 

マイケル・マクドナルドの大ヒットソロアルバム、代表作の『No Looking Back』にも確かギタリストとしてデヴイッド・パックがクレジットされていたはず。(今手元にないんで確認できたら修正するかもしれません。)

 

そんな、こんなで、デヴィッド・パックは、アンブロージア(AMBROSIA)を脱退。ソロとしてアルバムを数枚発表していくのですが、個人的には、デヴィッド・パックのソロアルバムの方は内容が記憶にありません。

 

AORの名盤選のような企画では、デヴィッド・パックのソロも取り上げられたりするのですが、自分的には、あくまで、デヴイッド・パック在籍時のアンブロージア(AMBROSIA)のAORが最高ですね。

 

デヴィッド・パックの美しい男性ハイトーンボイスと他のメンバーのハーモニーによるAOR

 

日本だとAORオフコースを連想します。

 

そして、アンブロージア(AMBROSIA)、2019年の現在も続いているのですよ。

 

興味深いのは、アンブロージア(AMBROSIA)、デヴィッド・パック脱退後、デヴィッド・パックのボーカルとギターのパートの両方をこなせるという条件で、若手のフロントマン複数がキャリアを重ねていることです。

 

こればかりは、アメリカの芸能界、音楽界、マジ層が厚いなぁと感嘆せざるをえません。

 

 

◆Ambrosia - Promo 2# - 2018 

Ambrosia - Promo 2# - 2018 - YouTube

 

◆Ambrosia「You're the Only Woman」

You're the Only Woman - YouTube

 

◆Ambrosia「Biggest Part Of Me」

Biggest Part of Me - YouTube

 

◆Ambrosia History Video

Ambrosia History Video - YouTube

 

 

◆アンブロージア(AMBROSIA)については、『ろくろくロック夜話』さんがキャリアを的確に解説されています。

professor-kei-diary.cocolog-nifty.com

 

プログレッシヴ・ロックバンドとしてのアンブロージア(AMBROSIA)のキャリアに焦点を当てた音楽ファンの方のブログ

ameblo.jp

 

 

popmusic.hatenablog.com

popmusic.hatenablog.com

popmusic.hatenablog.com

popmusic.hatenablog.com

popmusic.hatenablog.com

popmusic.hatenablog.com

popmusic.hatenablog.com 

f:id:pcd:20190405104258j:plain