pop music fan

- I love popular music (blues funk soul R&B rock Jazz 歌謡曲・・・) -

【似てる?似てない?】日向坂46 1stシングル『キュン』× 倖田來未『Lady Go!』【とりあえず、ジャーニー】

 

2019年3月27日にリリースされた女性アイドルグループ、日向坂46の1stシングル「キュン」。

 

一部で、冒頭のパートが、倖田來未さんの化粧品(コーセー「ヴィセ」)のCMソングとして使われていた楽曲『Lady Go!』の冒頭のパートに似ているのではという意見があったようです。

 

最近多いですね。似ている疑惑、パクリ疑惑の指摘。

 

昔から、楽曲が他の楽曲に似ていると執拗に、時には言いがかかりに近い指摘をする人のことを、『パクリ厨』と呼ぶことがありました。

 

アンチの一種とされることもあります。

 

これについては、また、機会がありましたら書きます。

 

似てる、似てないでいえば、3コードのブルースやロックンロール、あるいは1コードのファンク等は、ジャンル(カテゴリ)丸ごと、全部似たような曲といえば似たような曲ともいえます。

 

ですので、ロック系、ブラックミュージック系の音楽を聴くには、似てる・似てないという視点からあまり細かいことを気にしだすと音楽を楽しみにくい面があります。

 

ほとんどのアーティスト、バンド、曲が何かに似ているといえば似ていますから。

 

謡曲やJ-POPの作り手の方達も、ロックやブラックミュージックの素養がベースにあることがほとんどですから、似てると指摘しだすときりがない面があります。

 

似ている曲から元の曲や影響を受けた曲をたどって聴く範囲を広げて楽しむ(いわゆる『掘る』)姿勢もありかもしれませんね。

 

それでは、実際に、日向坂46の1stシングル『キュン』と倖田來未『Lady Go!』を聴き比べてどうだったでしょうか?

 

両曲は、よくある、よく出来たポップス、歌謡曲だという印象を持ちました。

 

倖田來未さんの『Lady Go!』は、ブラックミュージック、ダンスミュージック系のアレンジがされています。

 

一方、日向坂46の『キュン』は、王道アイドルポップス歌謡系のアレンジがされています。

 

似ているか似ていないかについては、それほど似ているとは感じませんでした。

 

意識したものでなく、結果として、曲の冒頭部分に勢いを持たせる曲の作りが共通しているので、2曲に似た印象を持つ人もいるかもしれないという位の感想を持ちました。

 

そういうわけで、曲の冒頭に勢いの有る曲。

 

ジャーニーの「お気に召すまま」 

 

 

◆Journey 「Any Way You Want It」(お気に召すまま)

Journey - Any Way You Want It - YouTube

◆日向坂46 「キュン」   

日向坂46 『キュン』 - YouTube

◆Steve Perry 「Foolish Heart」

Steve Perry - Foolish Heart - YouTube

◆Steve Perry「We're Still Here」

今年70歳になったスティーヴ・ペリーの最新MV、病気でリタイアされていたと聞いていますが、若いですね。

Steve Perry - We're Still Here - YouTube

 

 

似てる、似てないで言えば、日向坂46のデビューアーティスト写真を見た時、タイ北部チェンマイ地方を拠点とする女性アイドルグループ、SomeiYoshino51(SY51)のデビュー時のアーティスト写真を連想しました。

 

これ等も、”日本型アイドルの王道”的ヴィジュアルを目指したら、結果として同じ方向になったということではないでしょうか。

 

twitter.com

www.instagram.com

SY51 - แสงแห่งความหวัง Silver Lining [ Official MV ] - YouTube

 

  

popmusic.hatenablog.com

popmusic.hatenablog.com

popmusic.hatenablog.com

popmusic.hatenablog.com

popmusic.hatenablog.com

popmusic.hatenablog.com

popmusic.hatenablog.com

popmusic.hatenablog.com

popmusic.hatenablog.com

popmusic.hatenablog.com