pop music fan

- I love popular music (AOR blues CITY POP funk soul R&B rock Jazz 歌謡曲・・・) -

絶対に「地下室タイムズ」(BASEMENT-TIMES)の真似をしてブログを書いてはいけない理由

 

f:id:pcd:20200923193844j:plain

 

 

邦ロックを扱ったWEBメディア「地下室タイムズ」(後に「BASEMENT-TIMES」と改名)が罵倒芸による炎上をテコに最盛期には月間百万の単位のアクセスを誇ったのには理由があります。

 

1.鋭い人間観察力(観相学、人相学、組織行動、社会行動等の分析)をベースにした売れているバンド、ミュージシャン(社会的成功者)への敗者の視点からの辛辣な風刺。

 

2.抜群の文章表現力。

 

3.ブレイク前のインディーズバンドに対する目利き力。

 

4.サイト創設の中心人物(はとさん)が、古今東西の音楽に対する博識と深い敬意を持つキャラクターだったため、他のライターが罵倒芸・炎上芸でやんちゃをしても中和される面があった。

 

1.の人間観察力は、おそらく「夜の街」、「接待を伴う飲食業」での従業経験、具体的には石左さんがバーテンダーとして働いた経験が元になっているのでしょう。昭和の時代からホステス経験者がベストセラーを書くことは良くありました。同じ理由です。

 

1.から4.の要素が揃っていたので、主としてメジャーデビューしているバンド、ミュージシャンを辛辣に面白おかしくディスっても、ギリギリのバランスで運営することが可能だった。

 

4.の炎上上等のやんちゃな方針を支える、中和させる良心、防波堤、良識だった人格者が抜けたことでバランスが失われ、その穴を埋めることができず、失速したと見ています。

 

雨後の竹の子のように乱立した「地下室タイムズ」(後に「BASEMENT-TIMES」と改名)のパクリ文章のWEBマガジン、ブログが全て失敗したのはここに理由があります。

 

つまり、鋭い人間観察力も、抜群の文章力も、バンドに対する目利き力もなく、「あの人が関わっているサイトだからやんちゃ書いてもまぁ許したるか」とリスペクトされるような人も関わっていないWEBサイトやブログが、ただディスるとどうなるか?

 

一生懸命悪口を書いていることだけは理解できるが、読む側にとって何一つ面白くない、ただ不愉快極まりないだけのWEBサイトやブログになるのです。

 

何一つ面白くない、不愉快極まりないだけのWEBサイトやブログですから、反応は当然激烈なものになり、ライターは一瞬で心が折れます。

 

そうして閉鎖したり、更新されずに放置されているWEBサイトやブログがいくつもあります。

 

リンクを貼ることはしませんが、とある邦ロックを代表する人気バンド名+「批判」or「嫌い」で検索すると無残な残骸が放置されています。

 

文章は明らかに「地下室タイムズ」(BASEMENT-TIMES)の石左さんの文体の丸パクリ・・・。

 

バンドメンバーの「顔」(容姿)までディスっている(さすがにこれはまずいでしょう)点から、「地下室タイムズ」(BASEMENT-TIMES)の石左さんの文章が好きで、間違った影響を受けてしまい、罵倒芸のスタイルを丸パクリして文章を書いたのが明白です。

 

現実世界で、「お前の顔が気に食わねえんだよ」と言ったらどうなるでしょうか?

 

このブログ主は、「地下室タイムズ」(BASEMENT-TIMES)の罵倒記事、炎上記事がなぜ読み手にとって面白いか理解できていなかったのでしょう。

 

すなわち、人間観察力も、文章力も、目利き力も、人格的にケツを持ってくれるようなライター・編集者もいないのに、ただメジャーなバンドをひたすらディスれば、石左さんのような面白いブログが書けるのではないかと誤解して書いてしまった。

 

その結果は、当然、人気バンドのファンを怒らせるだけのものとなり、一本だけの記事の無残な残骸を残し、二度と更新されることなく放置されることとなりました。

 

それでも、どうしても「地下室タイムズ」(BASEMENT-TIMES)の石左さんの真似をして文章、ブログを書きたいという方は・・・、それも一種の人間観察、コミュニケーション観察の修業として、ストレスに耐えるつもりがあるのなら無理に止めはしませんが・・・。

 

◆Comora-Zofate

https://www.youtube.com/watch?v=cNixLGcgOMs

 

popmusic.hatenablog.com