ボストンにチェリー・ブロッサムの咲く頃、ジェローム・ガイルズ孤り逝く

アメリカ東海岸ワシントンD.C.では、例年3月下旬から4月初旬にかけて、桜祭り(National Cherry Blossom Festival)が開かれています。同じ米東海岸でも、海岸に沿って北に500マイル近く上ったマサチューセッツ州ボストンでは、桜の開花は、ワシントンD.C.より1週間程後になるようです。

 

ボストンから北西に約20マイルほどに位置する小さな街、グロートン。米ABC系列のボストンのテレビ局、WCVBチャンネル5の報道によれば、米ロックバンド、J・ガイルズ・バンドのファウンダー(創設者)ジョン・ウォーレン・ガイルズ・ジュニア(J・ガイルズ)が、2017年4月11日、グロートンの自宅で遺体で発見されました。事件性は薄く、いわゆる孤独死のような状況だったようです。享年71歳。ご冥福をお祈りします。

 

アメリカのローリング・ストーンズとも呼ばれたライブバンドであるJ・ガイルズ・バンド。ライブで鍛え上げた、観客を楽しませること本位の姿勢により、根底に流れるルーツのブルース、R&Bを保ちながらも、時代の流行とニーズに合わせ音楽性を柔軟に変化させていきました。1980年代のMTV隆盛期には、ポップチャートで、「Centerfold(邦題、堕ちた天使)」(全米1位)、「Freeze-frame(全米4位)」等のヒットを飛ばしています。

 

ロックファン以外には知名度の低かった時代に、大映画女優フェイ・ダナウェイと結婚し有名になったピーター・ウルフ(ボーカル)、白人有数のブルースハープ奏者マジック・ディック(ハーモニカ、管楽器)、作曲の要でポップ期の音楽性を主導したセス・ジャストマン(キーボード)等の個性も実力も備えたメンバーによりなる人気バンドであり、候補に上がりながら、ロックの殿堂入りを逃していたというのは意外な気がしました。政治力が足りなかったのでしょうか。

 

尚、報道では、J・ガイルズは、ファウンダー(バンド創設者)との呼称で、リーダーとは呼ばれていません。ラジオでのピーター・バラカン氏の追悼コメントによれば、バンドを組んだ時に、J・ガイルズ個人のみマネージャーがついており、J・ガイルズの名前を冠すことがバンド結成の条件になったからだそうです。

 

日本にロックをはじめとする洋楽を紹介する重要な役割を果たしたラジオ放送FEN(現AFN)。FENの名物ロック番組、メアリー・ターナー・ショーで、エンディングテーマとして流れていたのが、J・ガイルズ・バンドの「Whammer Jammer」です。アルバム「The Morning After」収録のマジック・ディックのブルース・ハープをフィーチャーしたブルースとロックンロールテイスト全開のインストルメンタル曲です。

 

J・ガイルズ・バンドの「Whammer Jammer」は、ハードロック、サザンロック等の黒人音楽にルーツを持つロックを日本に紹介したメアリー・ターナー・ショーのテーマ曲として、“アメリカン・ロックの顔”の役割を果たしたロックの名曲ともいえます。

 

そんなJ・ガイルズ・バンドの「Whammer Jammer」の名演をふと思い起こしたのが、モダンブルースの大久保紅葉さん(現在のアーティスト名は紅葉)の「Mo'B Blues」でのブルースハープ演奏。大久保初夏さん、大久保紅葉さんのブルース姉妹が率いるブルースバンド、RESPECTのアルバム「フロム・ザ・クレイドル」の収録曲を、紅葉さんがブルースハープ教則DVDで実演されています。

 

-J. Geils, 'Centerfold' musician, found dead in Groton home(WCVB5)-

www.wcvb.com

--------------------------------------

□J. Geils Band 「Whammer Jammer」 

https://www.youtube.com/watch?v=h6T1C2kCMdc

□紅葉 「Mo'B Blues」live(from「ゼッタイ吹ける!ブルース・ハープ超入門」)

https://www.youtube.com/watch?v=5-EGPrOahYo 

twitter.com 

□RESPECT「Hard To Handle」
紅葉(MOMIJI)さんのボーカルは本格的。
そういえば、昔、アメリカには、ブルースを演奏する白人のジョニー&エドガーのウィンター兄弟がいました。たぶん「フランケンシュタイン」という曲が流れると「聞いたことがある!」という人は多いと思います。
https://www.youtube.com/watch?v=mcTdSsnIkLg

□Christelle Berthon「Cherry Pink and Apple Blossom White」 

マウスハープの名手としては、ジャズのトゥーツ・シールマンス、ファンクバンド、Warのブルースハープ奏者、リー・オスカー等が有名です。哀愁を帯びた音色がイージーリスニングにぴったりなんですよね。この方、上手いですね。

https://www.youtube.com/watch?v=jJ8eUQGhsy0

--------------------------------------