pop music fan

- I love popular music (blues funk soul R&B rock Jazz 歌謡曲・・・) -

たぶん関東人しか知らない「コモディイイダの歌」 ~ Nobuna「君はメロディー」(AKB48/BNK48カバー) ~ GEL「Quiet Starry Night」

 

『コモディイイダ』は関東・首都圏に店舗を展開する食品中心のスーパーマーケットです。どちらかというと下町中心に展開しているイメージがありますね。

 

コモディイイダは数あるライバルの中でもとりわけ音楽(テーマソングと店内BGM)に特色のある食品スーパーマーケットだと思っています。

 

“歌のない歌謡曲”と言ったらいいのでしょうか?有名なヒット曲をスタジオミュージシャンが演奏し、メロディラインをギターやシンセサイザーで弾くインストゥルメンタル曲のBGMに特徴があります。

 

メインは日本の歌謡曲、J-POPなんですが、時おり「サティスファクション」(ローリング・ストーンズ)や「リッスン・トゥ・ザ・ミュージック」(ドゥービー・ブラザーズ)といった往年のロック/ポップスのヒット曲が、チープな味わいの“歌のない歌謡曲”調のアレンジで流れるので、「オヤッ?!」と耳を止めざるをえなくなります。

 

有線にこういった『(業務用)歌のない歌謡曲・J-POP・洋楽ヒット曲』というチャンネルがあるのか、あるいはオリジナル音源なのかわかりませんが、首都圏のスーパーマーケットの中ではBGMに特徴のあるチェーンです。

 

そして、何といってもテーマソング「コモディイイダの歌」。このラテン・ポップ・祝祭ソングは関東ではカルト的な人気があります。

 

コモディイイダのホームページがリニューアルする以前は、トップページに「コモディイイダの歌」音源のMIDIファイルがリンクされており、クリックすると「コモディイイダの歌」が聴けたのですが、現在は公式音源を聴けるサイトは見つかりませんでした。

 

iTunesSpotifyにあるかどうかは探してません。手数ですがご関心のある方は探されてみてください。

 

動画サイトYoutubeには、地下アイドル風?の3人組の女性が「コモディイイダの歌」をパフォーマンスし、ヲタ風の観客が盛り上がるファンカムが上がっています。「コモディイイダの歌」をカバーするなら、是非ラップパートもカバーして欲しいデス!(ラップパートは編集でカットされているだけかもしれないですが。)

 

改めて「コモディイイダの歌」のラップパートを注意して聴いてみたら、これ、流通業界にある『年間の販促カレンダー』(季節ごとの目玉商品)をライムにしてあるじゃん。流石スーパーマーケットの歌だ!。当たり前か。

 

「コモディイイダの歌」に、関西や東北はたまた海外からわざわざ関東・首都圏まで聴きにくるだけの観光資源としてのバリューがあるかどうかは私には判断つきませんよ。

 

しかも30分間お買いものをしても運よくお買いもの中に流れるとは限りません。でも、首都圏に来たついでにお買い物をしている間にたまたま流れていたらラッキーかもしれません。

 

 

で、なんでコモディイイダかというと、イイダの店舗に入る直前まで、iPhoneで聴いていたんですよ。タイのポストハードコアバンドNobunaの「君はメロディー」(人気アイドルグループBNK48の最新シングル曲のカバー)。

 

そして、イイダの一階の食品売り場に足を踏み入れたら、歌のない歌謡曲風の「君はメロディー」がBGMとして流れていました。

 

もちろんコモディイイダの店頭で流れていた「君はメロディー」は、Nobuna やBNK48のカバーであるわけはなく、数年前(2016年3月リリース)に流行った日本のアイドルグループAKB48の「君はメロディー」の”歌のない歌謡曲風”イストゥルメンタルバージョン(カバー)です。ですから、別に不思議なことではないんですけどね。

 

Nobunaの名前をラウドロックファン以外にも知らしめたのは、タイの人気アイドルグループBNK48の大ヒット曲「恋するフォーチュンクッキー」のポストハードコアアレンジバージョンが話題になりヒットしたことです。

 

「君はメロディー」は、Nobuna によるBNK48のヒット曲カバー第二弾で、料理(アレンジ)の仕方は、「恋するフォーチュンクッキー」とはまた異なった方向性なのですが、これはこれで良いなと。

 

Nobunaのアレンジ力・演奏力・(とアイドルに対する熱意?)があれば、仮に現在(2018年)、AKBINGOの『全力バンド選手権』のようなカバーコンテンストがあればきっと優勝できるはず。

 

AKB48の『全力バンド選手権』の課題曲でもある「GIVE ME FIVE!」といえば、先日2018年10月31日に一日だけハロウィンイベントで『Liquid NOISE'18』として再結成したロックバンドLiquid NOISE(リキッド・ノイズ)がかつてカバーを披露されていました。

 

Liquid NOISE(リキッド・ノイズ)は、何度かライブを拝見したことがある4人組ガールズバンドGEL(現在は無期限活動休止中)のギター/ボーカルの比内香織さんがGEL結成前に組まれていた3ピースのガールズバンド。

twitter.com

 

GELは2018年8月末より無期限活動休止されているのです。

 

なので、今にして思えば、GELの活動休止前のラストライブとなった7月20日の2ndレコ発に行けたことは本当にラッキーだったと思っています!  

 

 

◇GEL :「Quiet Starry Night」

ww.youtube.com

◇Nobuna :「Kimi wa Melody เธอคือ…เมโลดี้ 君はメロディー』(AKB48BNK48 Cover)

www.youtube.com

Nobunaは去年(8月)のCat.ExpoでBNK48と一緒だったんですよね。あれからずいぶん時間が経ったような気がします。

twitter.com

◇Paper Planes :「ซ้ำซ้ำ」

前から感じているんです。タイの歌手・バンドには、曲名・アーティスト名のアルファベット表記を追記するだけで、海外市場にアピール可能なクオリティの楽曲が多いなと。「ซ้ำซ้ำ」は英語の「Repeat」のようです。2019年1月29日、「BNK48 6thシングル 選抜総選挙」が実施されるMAX約12,000人収容のバンコクインパクトアリーナ・ムアントンタニ”では、2018年1月に日本のワンオク(ONE OK ROCK)が公演を行っており、タイ・バンコクではラウドロック系の人気が高そうです。

www.youtube.com

 

◇GEL Photo

( 出典:GEL official account https://twitter.com/gel_gain )

https://pbs.twimg.com/media/Di705EvX0AQo0ZP.jpg

https://pbs.twimg.com/media/Dl-pk6yVAAAsU7Z.jpg

 

popmusic.hatenablog.com