pop music fan

- I love popular music (blues funk soul R&B rock Jazz 歌謡曲・・・) -

【Bubble】なぜ、ガールズバンドBAND-MAIDは海外とベテランロックファンが支持する強力なハードロックサウンドを獲得できたのか?【パーフェクトクライム】

2016年7月末、さいたま新都心のライブハウス「HEAVEN'S ROCK さいたま新都心VJ-3」。 BAND-MAID『Brand New MAID』リリースツアー、主催バンドのBAND-MAID(トリ)直前に出演したのは、メタルコアのBEFORE MY LIFE FAILS。 BEFORE MY LIFE FAILSが演奏を開始…

【大人気グループ登場!】BNK48の『アイドル × eスポーツ』戦略【予想を遙かに超える賑やかなオープニング!】

PHOTOリンク先:MGONLINE https://mgronline.com/game/detail/9620000016426 タイの屋外広告業大手PLAN B MEDIA社が、2018年に「恋するフォーチュンクッキー」が大ヒットし国民的アイドルに駆け上がろうとしていた日本のAKB48の海外姉妹グループBNK48に出資…

BNK48人気爆発後のタイ・ASEANアイドル事情について理解する上で重要な記事・論文等

2018年のタイの芸能界でのAKB48の海外姉妹グループBNK48の人気爆発とそれを受けたタイの民族系アイドル産業の再興のトレンドに対し、日本でも徐々に関心を持たれるようになってきています。 タイのアイドル事情を知るうえで有効なテキストを何本かご紹介いた…

【海産物のバンド名流行ってる?!】オレンジスパイニクラブ「キンモクセイ」【ポルカドットスティングレイに続け!】

◇オレンジスパイニークラブ PHOTOリンク先:生物図鑑 深海生物 :: 沼津港深海水族館 ◇ポルカドット・スティングレイ ポルカドット・スティングレイ原型完成です早く複製して塗りたいところ pic.twitter.com/mXc5xHO97q — つたもとだゐき (@tdaiki1216) Febru…

BNK48人気爆発後のタイ・東南アジアのアイドル事情を占う『IDOL EXPO 2019』大成功は何を示すのか?!

タイ・バンコクの展示会場BITECにて、2019年2月7日~2月10日の4日間の日程で、携帯電話の展示会『MOBILE EXPO 2019』に連動して開催された『IDOL EXPO 2019』の結果は、控えめに言っても大成功といってよいでしょう。IDOL MASTERのSukij Charoenmukyananさん…

宮澤茉凜さん(LoVendoЯ)ソロ活動でギターインストゥルメンタル楽曲「Answer」を発表!

ギタリストの宮澤茉凜(みやざわまりん)さんは、LoVendoЯ(ラベンダー)の活動と並行して、ポケモンキャラクターのコスプレイヤー、ゲーマーとしても活動しています。 宮澤茉凜(みやざわまりん)さんは、本業のロックギタリストとしては、ゴシック調の美的…

【ジブリのキャラ弁!】ギタリスト美七海さんのTwitterがバズる!!【新ガールズバンドPASH「イージーゲーム」】

エレキギターの名器『テレキャスター』といえば、ポルカドットスティングレイの曲「テレキャスター・ストライプ」で有名ですね。私的には、テレキャスターといえば、イギリス出身のブルースロックギタリスト、デイヴ・メイスンと、アメリカの女流白人ブルー…

【嬢メタル】BRIDEAR(ブライディア)美弦(Gt.)、KAI(Dr.)が相次ぎ脱退・新メンバー加入で再スタート!!【LOVEBITES(ラヴバイツ)の最強ライバル!?】

PHOTOリンク:https://bridear.jp/ BRIDEARメンバー、向かって左からMISAKI(Gt.),HARU(Ba.), KIMI(Vo.), YURI(Dr.),AYUMI(Gt.) 1.BRIDEAR vs BAND-MAID ガールスバンド豪華対バン 2.ハードロックとヘヴィメタルの違いは?きっちり分けられる? 3.BRIDEARはヨ…

【BABYMETALロス!!】代替候補にタイのラウド系・ロック系アイドルはどうでしょう?!【AKIRA-KURØ [明黒]・FEVER etc.】

1.ライブハウスのガールズロック系シーンに出現した二種類の観客達 1-1.欧・米・豪等から(?)の白人系の観客 1-2.『BABYMETAL』Tシャツを着た日本人の男性 1-3.BABYMETALロスとは? 1-4.プロなら、一番だろうと他のバンドの代わりだろうと良いライブをす…

タイ・trueIDが新世代アイドル大結集イベント『IDOL EXPO 2019』を特集!Jetset'er 「เพ้อ」(YOU)MV女優もアイドルとして参加か?!

タイのメディア『trueID』が2019年2月7日~2月10日にバンコクの展示会場BITECにて開催される『IDOL EXPO 2019』を紹介。 わかりやすくまとめてあるのでおすすめです。 music.trueid.net (photoリンク先:http://music.trueid.net/detail/VORodVg79oK0) 以下…

【タイ・女性アイドルグループ戦国時代】人気のBNK48、Rose Quartzが大結集フェスに参加しない背景は?【IDOL EXPO 2019】

タイ・バンコクの展示会場BITECにおいて、2019年2月7日~10日の4日間の日程で開かれる新進アイドルグループが大結集するフェス 『IDOL EXPO 2019』。 2018年に躍進し、タイの現在の女性アイドルグループブームを牽引するグループのトップ5に入るであろう3つ…

【BNK48包囲網?!】タイ新世代アイドルグループがフェスに大結集!!【欅坂46インスパイアのFEVER初ステージ!ラウドロックアイドルAKIRA-KURØも出演! 】

タイの女性アイドルグループシーンで、2018年のBNK48人気爆発に対して、タイの民族系・地場芸能界・ロック界からのフィードバックによる新アイドルグループの企画が相次ぎました。 そのなかでも、私は、特に、FEVERとAKIRA-KURØ [明黒]の2グループに注目して…

【質問】日本の入管法改正・外国人労働者受入拡大とAKB48グループのアジア展開は関係ありますか?【JKT48,BNK48,MNL48,AKB48 Team SH,AKB48 Team TP,SGO48】

【回答】 昨年の年末、2018年12月11日から12日にかけて、日本の主要マスコミ(共同、時事、朝日、毎日、産経、NHK等々)が一斉に以下の内容を報道しています。 各メディアの記事の内容(文章)がほとんど同じなので、『取材によれば』と書きつつ、各社が同じ…

【アジアフェスティバル2019】AKB48グループは日本で嫌われていてもアジア各国では歓迎されている?!【JKT48,BNK48,MNL48,AKB48 Team SH,AKB48 Team TP,SGO48】

2019年1月27日(日)、タイ・バンコクのインパクトアリーナで、日本の女性アイドルグループAKB48とその6組の海外姉妹グループ、合計7グループが参加する『AKB48グループ アジア フェスティバル 2019』が初めて開催されました。 参加グループは、AKB48(日本…

Jan Chan(ex.BNK48)が日本旅行番組テーマ曲のMVを公開、山形県では山伏姿で滝行も披露!!

Jan Chan(ex.BNK48)が主演する旅行・観光番組がスタートしました。番組名は『HEY SAY GO!』。タイから日本に観光客を呼び込むことを目的とするインバウンド番組のようです。番組エンドには、『Treasurel and TOHOKU JAPAN 日本 東北』のロゴが見えます。そ…

第1回BNK48選抜総選挙結果【君子豹変】or【意地を張らなければならない時もある】ジェニスとPun(パン)の対照的な闘い方

タイの国民的人気を誇る女性アイドルグループBNK48(日本のAKB48の海外姉妹グループ)の第一回の選抜総選挙(『BNK48 6thシングル選抜総選挙』)は、蓋を開ければ、下馬評通り、キャプテンのチャープランが2位を約2万5千票近く引き離し圧倒的多数で1位となり…

【BNK48ナチス鉤十字Tシャツ騒動解決へ】ナムサイ、ゴーン、マイン、ニンクが大使館・国連主催式典に参加【イスラエル大使『バンコック・ポスト』に意見表明】

2019年1月25日、タイを代表する人気女性アイドルグループBNK48(日本のAKB48の海外姉妹グループ)メンバーのナムサイが、コンサートリハーサルで、ナチス鉤十字Tシャツを着用した件は、翌日から世界中の各国で報道される大事件となってしまいました。 ナム…

BNK48ナチス鉤十字Tシャツ騒動、イスラエル大使館が謝罪受け入れ沈静化、メンバーはホロコースト教育啓発プログラムに参加

2019年1月25日、タイの人気アイドルグループBNK48のメンバーが、翌日のコンサートのリハーサルでナチス鉤十字デザインのTシャツを着用し問題視された件は、瞬時に拡散され、世界中の各国で一流とされるメディアで報道される騒動となりました。 内容が内容だ…

タイAKB48海外姉妹グループBNK48のメンバーがリハーサルでナチス鉤十字Tシャツを着用し謝罪

タイで2018年に国民的大人気を獲得した日本のAKB48の海外姉妹グループBNK48は、2018年大晦日のNHK紅白歌合戦に出場し、AKB48と「恋するフォーチュンクッキー」をコラボレーションしたことで、日本での知名度が一気に向上しました。 BNK48は、発足後初めての…

タイBNK48人気に対抗し急ぎデビューの7th Sense(セヴンス・センス)、様子見だったけど3作目は不思議なオリジナリティーがある!!

タイの女性アイドルシーンは、2018年に日本のAKB48の海外姉妹グループのBNK48が市場を席巻した前と後では大きく違います。 タイの女性芸能人、女優、モデル、MC、展示会コンパニオン等の容姿は、だいたい身長がすらっと高く、スリムです。また整形手術をする…

BASEMENT-TIMES(旧地下室タイムズ)の年末のキャリアアドバイスの記事が良かった~KOTORI「オリオン」

洋楽のロックを聞いて育ったような中高年の男性が苦手とする音楽が邦ロック。 「キノコ頭のひょろっとした若い男がぴょんぴょんはねたり、モデルや女優と不倫するアレだろ。」 等と発言するとオッサン(実際まちがいなくオッサンなわけですが)扱いされるこ…

「祇園精舎」(『平家物語』)

「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり、沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理(ことわり)をあらわす」 「実るほど頭を垂れる稲穂かな」 「驕る平家は久しからず」 外資系の自動車メーカーの元経営者のことでもありません。 栄華を極め権勢を誇った有名人や芸…

Can Nayika (ex.BNK48)、P'Ew(TELEx TELEXs)がプロデュースする新曲MVを発表!

2018年から2019年の年末年始にかけて日本で過ごしたらしいCan Nayika (ex.人気アイドルグループBNK48のメンバーCan)が、新曲のMVを発表しました。 クレジットを見るとプロデューサーは、TELEx TELEXsのP'Ew Kasidath(担当はシンセサイザー奏者)。 曲調は…

【タイプラスワン(CLM)】BNK48のカンボジア、ラオス、ミャンマー進出・ASEAN多国籍アイドルグループ例【Rose Quartz】

2019年1月中旬、タイの人気アイドルグループBNK48のASEAN多国籍化構想が突如報道されました。 内容は、第3期生の募集範囲をカンボジア、ラオス、ミャンマーのタイを含む4か国まで拡大すること、まずはじめにカンボジアからスタートすること、2019年3月上旬、…

【NGT48騒動さなか】絶好調タイBNK48多国籍化構想浮上の意味は?【文春も報道!】

タイで国民的人気を誇るAKB48の海外姉妹グループのBNK48は、2018年大晦日の紅白歌合戦でのAKB48との「恋するフォーチュンクッキー」コラボレーションを通して日本国内でも注目を集めました。 2019年1月中旬、突如、BNK48の『多国籍化構想』が報道されました…

【ASEAN】タイ・人気アイドルBNK48が3期生募集範囲をカンボジア、ラオス、ミャンマーの4か国に拡大の報道【商機・事業拡大か】

タイのメディア『WORKPOINT NEWS』は、紅白歌合戦で「恋するフォーチュンクッキー」をAKB48とコラボし知られるようになった人気アイドルグループBNK48の3期生の募集対象を、カンボジア、ラオス、ミャンマーに拡大すると報道しました。まずカンボジアからスタ…

【NGT48事件・報道】なぜ?日本のアイドルについては『財経新聞』の記事が一番的確なのか?【3点の理由】

新潟市を拠点とするAKB48の姉妹グループNGT48に関する事件報道は、2019年1月の中旬より全国的な社会的関心事へと拡大しています。日本のアイドル・芸能人に関心の高いアジア各国、また自国にAKB48の海外姉妹グループが存在する国等でも大きく報道されていま…

BAND-MAID(バンドメイド)「Bubble」色褪せない”モダン”オールドスクールで攻め?クイーン、ウィッシュボーン・アッシュetc.

BAND-MAID(バンドメイド)が新シングル「Bubble」のMVを公開しました。 大ヒットしたイギリス出身のロックバンド、クイーン(Queen)の伝記映画『ボヘミアン・ラプソディ』をオマージュした映像となっています。 しかし、BAND-MAIDというロックバンドは、ロ…

BNK48パン(Pun)紅白でペアの横山由依(AKB48総監督)さんとの2ショット公開!NGT48の件でエールも

1月13日、タイの人気アイドルグループBNK48チームBⅢキャプテンのパン(Pun)が、2018年大晦日のNHK紅白歌合戦「恋するフォーチュンクッキー」でペアを組んだAKB48総監督の横山由依さんとの2ショットをInstagramで公開しました。 パン(Pun)のInstagramから…

【なぜ?】ガールズハードロックバンドBAND-MAID、ライブで初期の曲「FORWARD」を解禁した理由は【新木場ツアーファイナル】

BAND-MAIDの「FORWARD」(インディーズデビュー1stアルバム『MAID IN JAPAN』収録曲)の演奏を聴くのは、2015年7月18日に渋谷・ライブハウス『egg man』 でのBAND-MAID 2周年ワンマンライブ以来3年半ぶりです。 この3年半の時間で、BAND-MAIDを取り巻く状況…